ファインバブルについて

産学連携(有明工業高等専門学校)で
ファインバブル技術を研究・開発しています

ファインバブルは、100μmより小さな微細な気泡の総称として用いられています。気泡の直径が1μm~100μm未満のものはマイクロバブル、数十nm~1μm未満のものはウルトラファインバブルとして分類されています。ファインバブルを水の中で発生させると、通常の数ミリ規模の水面に浮上して破裂する気泡とは異なった挙動を示します。おおよそ60μmより小さい気泡は、水と気泡の界面張力によって水中で収縮する挙動が顕著となり、最終的には水中で圧壊(溶解・消滅)します。 この現象の際に水の物理的性質(pHや表面張力の低下、電気伝導度の上昇など)を変化させます。
ファインバブルの適応事例としては、例えば、環境分野では工場の排水処理や凝集したSS分の浮上分離、食品分野では鮮度保持や酸化防止、水産業では水産物の成長促進や反収増加、そして洗浄分野では配管汚れの除去や洗濯機器への導入などが報告されています。当社は、産学連携(有明工業高等専門学校)でファインバブル技術を開発し、実証のための研究を進めています。

ファインバブルについて

105μmの気泡は、185秒後においても存在していますが、ファインバブル領域のサイズの気泡は 水中で圧壊しています(気泡が小さいほど、表面張力の作用により気泡内部の圧力上昇は大きくな ります)。圧壊の際に内包されていたエア・ガスは水中へ溶解し、また、圧壊作用により水の表面 張力に変化をもたらすと考えられています。
60μmより小さい気泡においては、経過時間とともに水中で収縮する挙動が顕著になります。
ファインバブルの用途として、水産養殖分野や農業分野、そして洗浄や浄水分野などへの適応が可能となります。
  • 水中での収縮挙動が大きくなる60μmよりも小さな気泡に着目してノズルを開発
  • 濁水環境下でも使用できるファインバブル発生ノズルの構造としている
  • 気泡内部に内包させるガスの種類により、溶存酸素濃度の向上や殺菌等の効果が見込める
  • 従来のミリバブルと比較して、気液の接触面積が高く、ガス消費量を低減
  • 養殖場では、生存率や成長の向上の効果があり、反収増や養殖サイクルを短縮化
  • 洗浄工程で使用することで、洗浄効果を向上
水産養殖分野では、ファインバブル装置を使った自然調和型養殖技術の普及へ向けて、国際協力機構(JICA)の事業として採択されています。ベトナムの水産養殖の環境を改善し、水産物の反収や生存率向上を調査予定です。

製品ラインナップ

ファインバブル発生ノズル MB-120S

ファインバブル発生方法 せん断方式
全長 120mm
接続ネジサイズ 15A
流量目安 10リットル/min

ファインバブル発生ノズル MB-135S

ファインバブル発生方法 せん断方式
全長 135mm
接続ネジサイズ 25A
流量目安 25リットル/min

ファインバブル発生ノズル MB-183S

ファインバブル発生方法 せん断方式
全長 183mm
接続ネジサイズ 32A
流量目安 50リットル/min

ファインバブル発生ノズル MB-183S12

ファインバブル発生方法 せん断方式
全長 183mm
接続ネジサイズ 40A
流量目安 100リットル/min

ファインバブル発生ノズル MB-216S

ファインバブル発生方法 せん断方式
全長 216mm
接続ネジサイズ 50A
流量目安 300リットル/min

ファインバブル発生ノズル MB-285S

ファインバブル発生方法 せん断方式
全長 285mm
接続ネジサイズ 65A
流量目安 500リットル/min

取組のご紹介

ファインバブル発生装置の開発

上記写真は有明海再生プロジェクト向けに製作した潮流でファインバブルを発生させる ファインバブル発生装置です。

海上でのファインバブル発生状況確認

海上にて、船舶で装置に流速を付与してファインバブルの発生状況を確認しています。

ファインバブル発生装置の設置工事

上記写真は福岡県三潴郡大木町の堀の水質向上と食用菱の品質向上を目的に 発生装置を設置している写真です。

海苔受入タンク

福岡県柳川市大和町の海苔業者様にご採用いただき、受入海水を バブリング処理している写真です。バブリング処理した海水を使用することで 海苔の等級が数等級向上する結果となっています。

アサリの受入施設

アサリの受入槽において無給餌状況での生存率の推移を確認しました。従来の生存率は 70%程度ですが、ファインバブルを使用した環境下では高い生存率の結果となっています。

ファインバブル試験風景

ベトナムの水産養殖分野での養殖環境改善のためにファインバブルを試験しています(写真はベトナム国エビ養殖場での運転状況)。

お問い合わせ

Contact

電話でのお問い合わせ

お問い合わせ